お菓子の食べ過ぎと便秘|ストレスによる食べ過ぎの防止法を紹介

MENU

お菓子の食べ過ぎで便秘になるのはなぜ?

お菓子の食べ過ぎで便秘になりやすくなるのは、腸内環境が悪化しやすくなるのが原因と言われています。

 

私たちの腸の中には腸の動きを活発にする作用のある善玉菌と、便秘などの原因になる悪玉菌がせめぎあいながら存在しています。お菓子といっても種類がたくさんありますが、特に多く含まれる脂質と糖分が悪玉菌の大好物なのです。悪玉菌が増えれば当然便秘になります。

 

スナック菓子ではどうなのか、ということもありますが、これも多くの脂質が含まれ、添加物なども過剰に含まれている可能性があります。お菓子の食べ過ぎがもたらす影響はそれだけではありません。

 

甘いものを食べすぎることによって普通の食事がおろそかになったり、それだけで済ましてしまうということがあります。こうなると絶対的な栄養素と食物繊維などが足りなくなるため、便秘などの原因になってきます。

 

何事も食べ過ぎは良くありませんので、時間や量を決めて楽しむようにします。市販のお菓子やスナックもいいですが、手作りのスイーツにしてみたり果物をおやつ代わりにすると、添加物やビタミン不足などにも配慮できます。

 

便秘にはビフィズス菌など腸内環境を整える成分も効果的ですので、ヨーグルトにフルーツを入れて食べるようにするとぴったりのおやつになります。

 

 

 

お菓子の食べ過ぎを防止するには?

お菓子の食べ過ぎを防止するためには、まず一つ目に1日に一回、時間を決めて食べるようにしましょう。だらだらと食べ続けてしまうことはやめ、昼食と夕食の間に一回だけ、時間を決めます。

 

お菓子を食べる時には、テレビを見たり、雑誌を読みながら食べるのはやめましょう。これによりだらだらと食べ続けることになります。これはおやつに限らず、食事の際にも同じことが言えます。食べることに集中して、ゆっくりと味わいながら食べるようにしましょう。

 

二つ目には、お菓子を食べる時には温かい飲み物と一緒に食べるようにしましょう。冷たい飲み物を飲むよりも、温かいものをゆっくりと飲む方が空腹感が収まるため、食べ過ぎを防止することができます。コーヒーや紅茶、ハーブティーなど、自分の好きな飲み物を温かくして飲んでみると良いでしょう。

 

お菓子と飲み物の食べ方にも工夫があると良いでしょう。お菓子を一口食べたら、飲み物を一口飲むというように、交互に食べるようにしましょう。これにより少しの量でも満足感をえることができるので、食べ過ぎを防止することにつながります。

 

もしも甘いものを食べる時には、飲み物はノンシュガーのものを選ぶと良いでしょう。

 

 

 

ストレスが原因?

ついついお菓子を食べ過ぎてしまうという方の場合、ストレスが大きく関係していることもあります。適度に食べるのであればストレス解消につながるといえますが、食べ過ぎてしまうと肥満や生活習慣病につながることもあり、できれば控えていきたいものでもあります。

 

まずは、ストレスを別の方法で解消するという事を意識してみましょう。お菓子を食べるという事だけではなく、他に解消方法を見つけておくのがポイントです。

 

熱中できる趣味や作業などを見つけ、気分が不安定になってきたらそれを行うという事にすると、ついついお菓子に手が伸びてしまうという事も少なくなるでしょう。

 

また、思い切って外出してしまうというのも手です。家の中にいるとつい食べてしまうという方でも、外にいると食べずに済むという事も多いのではないでしょうか。外に出ていろいろな刺激を受けて、また歩いて体を動かしていくということが、健康につながっていくことにもなります。

 

特に家に長時間いることになる休日は、ついつい食べ過ぎてしまう日でもあります。そういったことにならないように、お菓子以外にもストレス解消法を持ってみましょう。

 

休日の予定を入れることが解決策の第一歩と言えます。

 

 

 

お菓子の食べ過ぎに注意

お菓子の食べ過ぎには注意したいものですね。太ってしまったら対策を練ることもあるかもしれませんから。

 

一方で、太りたいと思っていても太れない人たちもいたりします。そういう方たちが見ると参考になるかもしれないサイトはこちらです。